お知らせ個別ページ

2017.03.07

お知らせ

Inochi Gakusei Projectって知っていますか?

Inochi Gakusei Projectとは

Inochi Gakusei Projectというプロジェクトを皆さんはご存知でしょうか?
京都大学・大阪大学の学生が中心となって一般社団法人inochi未来プロジェクトと連携しながら、
「若者の力でヘルスケアの問題を解決する」という目的の下活動している自主プロジェクトです。
半年間の様々な教育プログラムを経て、中高生に心臓突然死を減らすアイデアを考えてもらう、という企画を実施されています。

参議院予算委員会でも取り上げられました

2017年3月2日、参議院予算委員会における伊藤議員の質疑で、心臓突然死に対するinochi学生フォーラムの
取り組みや、そこから生まれた高校生・大学生のアイデアの一部が紹介されたそうです!

例えば「心肺蘇生講習を復習し、もしもの時に参照出来るビジネス手帳(やっぱ助けたいねん手帳)」
を作成した女子高校生3人チーム「リトルジェネトーク」の活動も取り上げられました。

「リトルジェネトーク」は自ら手帳作成の交渉やデザイン作成などを行い、昨年12月23日の
inochi学生フォーラムの場では聴衆450名に「やっぱ助けたいねん手帳」を配布しました。
(手帳の詳細はこちら https://peraichi.com/landing_pages/view/yappatasuketainen )

厚生労働大臣から、Inochi Gakusei Projectの予防医療、ボトムアップモデルによる取り組みに
賛同されるコメントなどもあったそうです。

inochiシミュレータ

若い人たちの意欲で政治をも動かす素敵な取り組みですね!

Inochi Gakusei ProjectのHPではAEDを使用すればどれくらいの命が救えたかといった
シミュレーションをする事もできますので是非試してみてくださいね。
http://inochi-gakusei.com/simulator/index.html