AEDのQA

2017.08.22

その他

Q.心肺蘇生とAEDの違いは何ですか?

A.心肺蘇生は救命へのチャンスを維持するために行う循環の補助方法でAEDは心臓の循環機能を電気ショックで回復させるためのものです。

心肺蘇生とは、(1)胸骨圧迫(2)人工呼吸(3)気道確保と呼吸確認 を行い、循環機能を失っている傷病者の身体に酸素(血液)を送り続けることを言います。
対して、AEDは心臓の循環機能を電気ショックで回復させるためのものです。

意味合いは異なりますが、どちらも市民による一次救命処置には欠かせないものです。迅速な119番通報、迅速な心肺蘇生、迅速な除細動、迅速な二次救命処置の4つの輪がうまくつながってこそ、「救命の連鎖」が成り立ちます。

一次救命処置(心肺蘇生法とAEDを用いた除細動)の手順については下記をご覧ください。
動画で学ぶ!一次救命講習