お知らせ個別ページ

2017.08.29

お知らせ

救急車を呼ぶ目安が分かる!全国版救急受診アプリが提供開始

9月9日は何の日?

9月9日は何の日かご存知ですか?

救急の日は、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから、
救急医療関係者の意識を高めるとともに、救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を
深めることを目的として、昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められました。

今日は「救急」にまつわるアプリについてご紹介します。

全国版救急受診アプリ「Q助 きゅーすけ」

消防庁では住民の緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の情報を提供するべく
緊急度判定プロトコルver.2を元に全国版救急受診アプリ「Q助 きゅーすけ」を作成し、
2017年5月より提供が開始されました。

急な病気やケガをした時、身の回りの人が突然体調が悪そうな時、
「救急車を呼んだ方がいいの?」と迷う事はありませんか?
そんな時に助けてくれるのがこのアプリです。

病気やケガの際に該当する症状を画面上で選択すると緊急度に応じた必要な対応が表示されます。
「いますぐ救急車を呼びましょう」「出来るだけ早めに医療機関を受診しましょう」
「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」「引き続き、注意して様子をみてください。」
の4種類の表示がされます。

その後119番通報・医療機関の検索や受診手段の検索を行うようになっており、
病院に受診するまでの流れがスムーズです!

WEB版でも使用できるので是非試してみてくださいね。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app/kyukyu_app_web/index.html

私も実際に使用してみましたが
「息がない」「心臓が止まっている」のような目に見える症状ではなく
「呼吸が苦しそう」といった迷う症状の時にさらに細かく状況について質問をしてくれるので
救急の電話をする際にも助けになりそうです!

全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」)
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app.html