お知らせ個別ページ

CU-SP1ケース

2018.05.15

お知らせ

AED専用収納ケースのご紹介

AEDの設置について

AEDの導入をご検討中の皆さま!AEDの設置についてお悩みではありませんか?
弊社取扱AED、CU-SP1専用のキャリングケース、収納ケースについてご紹介させていただきます。

CU-SP1専用AEDキャリングケース

CU-SP1には、専用のキャリングケースがございます。
専用キャリングケースは通常メーカーオプション品ですが、弊社ではCU-SP1をご購入いただいたお客様全員にサービスでお付けしております。

AEDキャリングケース

AEDはキャリングケースにいれた状態そのままでの保管が可能です。
救命時には【 心停止から5分以内にAEDを使用する事 】が重要ですので、いざという時にすぐに取り出せる場所へ設置を行ってください。

また、AEDの使用環境条件は【 0℃~50℃ 】ですので、氷点下、もしくは50℃以上になる可能性のある環境には設置しないようにご注意くださいね。
温度変化の少ない屋内への設置がおすすめです。

CU-SP1専用AED収納ケース

専用キャリングケースにいれた状態のAEDは、お手持ちの棚などご都合の良い場所に設置頂けますが、弊社では、救命時に便利な専用収納ケースもご用意しております。
特に、公共施設や店舗など、不特定の方がAEDを使用する可能性がある環境では、AEDの設置場所が一目でわかる、専用収納ケースでの設置がおすすめです。

専用キャリングケースに入れた状態のAEDを各種ケースの中に収納いただけます。
大きなハートマークとAEDの文字で、AEDを設置していることが一目でわかりますね!
〈 警告機能 〉が付いた収納ケースは、ケースの扉を開けるとブザーが鳴ります。(扉を閉めると止まります。)
ブザーの音によって、急病人がいる事を周囲に知らせることが出来ます。
救命時には、周囲の手助けが必要ですので便利な機能ですね。

ケースは全てお客様ご自身で簡単に設置いただけます。(※弊社では設置サービスは行っておりません。)
壁掛けタイプは、設置する壁の材質に適した市販のビスをご用意お願い致します。

CU-SP1と併せてのご購入はもちろん、収納ケースのみのご購入も可能です。
どのケースを選べばよいのかわからない…そんな時はお気軽にお問合せ下さいね。

AED本体および収納ケースのお見積もりのご依頼はこちらからどうぞ