用語集

デフォルト画像

2019.01.08

か行

【き】救急救命士

救急救命士とは、救急救命の効率を高めることを目的として導入された職業名のことで、国家資格を必要とします。

仕事内容は現場での応急措置、点滴、エアーウェイ(Airway)による気道の確保などを行ないます。

なお、市民救命士という職業もあり、こちらは国家資格を必要としませんが、
自治体で導入されている市民を対象にした認定資格が必要です。
認定資格を得るには、心肺蘇生を修得できる研修プログラムを受講しなければいけません。